勉強法の秘訣が満載

■効率的な勉強法を身につける方法とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■どんどん覚えられる!暗記法の極意を身につけるには?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏が開発した「超記憶術講座」

勉強法のエッセンスをご紹介!

当サイトでは、勉強法のエッセンスを抜き出して、効率的な勉強方法をご紹介しています。

 

資格試験や受験勉強では、いかに効率よく進められるかが肝になってきます。
英語や国語、社会科、理科といった小中学校の学習であれ、中学・高校の勉強、そして大学受験、センター試験の勉強であれ、すべてに共通した「効率的な勉強法」というものが存在します。

 

社会人になると、転職や就職を有利にするために、また独立起業をするために、資格試験に挑戦する人が増えています。司法試験という難関がある弁護士、司法書士、税理士、公認会計士、行政書士、国家公務員試験、地方公務員試験などですね。そのほか教員採用試験や看護学校入学試験、看護師国家試験、秘書検定などなど、数えきれないほどの資格試験、検定があります。

 

当サイトでご紹介している勉強法のエッセンスを活用して、ぜひ、難関の試験、テストを突破していだだければと思います。

勉強のモチベーションを上げる方法

勉強法の基本となるものは、なんといってもモチベーションを上げる方法です。
やる気を出せなければ、そもそも「勉強という行動」が起きません。そうなると、まったく教科書や参考書を読まない、過去問を解かない、トイックやトフルで高得点を目指しながらヒアリングもしない・・・といった事態になってしまいます。

 

勉強のやる気は、前頭葉や側頭葉がつかさどっています。
とくに前頭葉が関係しています。脳内の神経伝達物質でいえば、ドーパミンという物質を、いかに分泌させられるかが大事になってきます。

 

当サイトでは勉強法のスタートダッシュとしての、モチベーションアップ法も、随所にちりばめてあります。

記憶力こそ受験合格の武器!

記憶力があれば、覚えたいと思った事柄でも、難なく記憶していくことができます。
英語の単語(英単語)、歴史(日本史や世界史)の年号や人名、文法、語学全般、物理、数学、地理など、すべてに記憶がかかわっています。

 

世の中には、いろいろな記憶法や記憶術といわれるものがあります。
書店に行けば、○○暗記術、○○暗記法といった書籍が目白押しです。どの勉強本を読んだらいいのか、迷ってしまいますよね。でもじつは、勉強法に役立つ記憶術というのは、ごく限られています。

 

脳のしくみを理解すれば、有効な方法は、ごくわずかなのです。
当サイトでは、記憶術といったツールだけではなく、記憶力を高める方法についてもご紹介しています。

 

記憶力が高まっているということは、海馬が活性化しているということ。
となると、そのような状態においては、集中力や思考力、判断力、理解力も高まっているということです。

 

中学受験から高校受験、大学受験など、記憶術という「勉強法」を駆使して、乗り切っていただければと思います。

勉強が面白くなるエッセンスを凝縮!

当サイトでは、センター試験や各種難関資格試験で合格するための知恵をご紹介しています。
この通りに勉強していただければ、第二志望だけではなく第一志望の学校でも、かなり希望がもてるはずです。

 

試験を突破するだけの勉強法ではありませんから、志望校に合格して入学したあとも、日々の授業を効率よく身につけ、吸収していくための、心強い支えになります。

 

大学の学部を卒業後は、院試(大学院入試)にも役立ちます。社会人になれば、当サイトでご紹介しているテクニック・考え方を使えば、難関といわれる国家試験などにも挑戦できます。

 

このように脳科学や大脳生理学の見地から導き出した、「勉強法の正解」を知っていれば、どのようなシチュエーションであっても、やることは一緒です。

 

それだけではなく、勉強自体が楽しい、もっと学びたい、生涯ずっと学習したいという気持ちになってきます。それは理解という土壌のうえに、記憶などの詳細を構築していく勉強法だからです。

 

勉強は、頑張ることで有名な高校や大学に入れますし、その後の就活(就職活動)にも有利に働きます。
それだけではなく、勉強して知識を蓄えることによって人生が豊かになります。いろいろな発想ができるようになります。なにより、勉強法を駆使して学び続けることによって、つねに脳が活性化するので、認知症やボケなどの予防にもなり、生涯、はつらつとした頭脳でいられるのです。

 

当サイトのコンテンツが、皆様の毎日の勉強、受験合格、生涯学習などのお役にたてれば幸いです。

 


 

■効率的な勉強法を身につける方法とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■どんどん覚えられる!暗記法の極意を身につけるには?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏が開発した「超記憶術講座」

編集後記

勉強法は、いろいろな人が悩み、模索しています。行政書士が独学の勉強法を探していることもあれば、英語リスニングのやり方を知りたいという人もいます。医学部を受験する方法とか、英会話やトーイック(TOEIC)、トーフル(TOEFL)、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語などの学び方を知りたいという方もいます。
それは、人というのは、何かをするにあたって失敗したくないからです。最短距離で目的を達したいからです。そのために、受験や資格試験の合格を目指す時に、効率的な勉強法をというものを模索するわけですね。
古典の勉強法であれ、化学、現代文、数学、国語、物理、地理、歴史、倫理、政治経済(政経)であれ、どのような教科も、まずは基本をしっかり学ぶことが、勉強法の王道です。高校の教科書を完全マスターしただけで、東大に入学してしまった人もいるほどです。つまり教科書と虎の巻(あんちょこ)だけで、偏差値はアップできるのです。高校数学、微分積分、古文、漢文、英会話など、種類が多いと、それぞれに特殊な勉強方法があるように思いがちです。しかし、どの科目にも共通する「勉強のやり方」「学習の大原則」があります。それを知るか、知らないかです。duoで最初から最後まで、流しておぼえたつもりでも、実は英文が身についていないことがあります。そのへんも正しい受験勉強法を知っているか知らないかです。
東大生の勉強法として、よく、きれいなノートづくりが推奨されています。そのような勉強本も出ていますね。しかし、これは実はまずい勉強法だったりします。要は反復が命なので、ノートを作って終わり、ではいけないのです。茂木健一郎氏は勉強好きで知られていますが、小学校・中学校・高校・大学と一貫して、勉強法はかわらないそうです。できる人の勉強方法は、つねに同じなのです。

【PR】 英語が聞き取れるようになる!